A6notes

雑記帳に書くように、気軽に書いています。

2018年冬アニメをざっくりと

サンリオ男子
→男の子がサンリオ好きでもいいんじゃないかと思いますが、多分話のキモはそこじゃないんでしょうね……。

アイドリッシュセブン
→OPに出てくる滑走路で踊るおじさんが毎回気になります。

学園ベビーシッターズ
→すごくかわいいと思いますし、癒やされるんですが、なんというか、「赤ちゃんと僕」はすでにジャンルなのかな、とも。

続 刀剣乱舞-花丸-
→一人三役やられているのに、実質中の一人で運動会の会場設営とか、櫻井トオルさん尊い……。

25歳の女子高生
→前二作以上にシチュエーションがAVっぽいんですがそれは……。おんにゃのこが25才だからセーフ?

銀魂 銀ノ魂篇
→実写ネタぶっこんできますねえ。これ、原作にもあるのかな、このシーン。

弱虫ペダル GLORY LINE
→安定の。遊佐浩二さんの本気を見た。

オーバーロードII
リザードマンのオスとメスでずっと会話していたのがなんでかおもしろかったです。
人間同士だったらあそこまで絵になっていたかどうか……。(文章だったら成立するシーンな気もしますが、アニメでもいけてましたね)

ダメプリ ANIME CARAVAN
→なんか、思っていたよりおもしろいです。ヒロインが好みかそうでないかって大きいですね。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン
→あれ? これFate派生でしたっけ? と、一瞬確認してしまいましたが、あれはセイバーではありません。否、否、美しかったし、いいお話でした……。

覇穹 封神演義
→サイコプラス好きだったなあ……。
創竜伝読んでた頃は封神演義が漫画化された上アニメ化されるとは思いませんでした。

ダーリン・イン・ザ・フランキス
→予想以上に燃えました。ロボットのフォルムが女性的ってイイですね〜。

abemaTVとか見てます

Gyaoでもちょこちょこ配信追加されてますが、お正月にガンダム00一挙放送とかやっていたので、ちらちら見ました。

ビーム兵器があると戦術が派手というか、多様化というか、オルフェンズ、姐さんの最期とシノさんの最期の戦術があまり変わらなかったのは、脚本家さんのせいではないのかも……と、ちらっと思ったりしました。(00のメインライターの黒田洋介さんは一部オルフェンズの脚本も手がけていらっしゃいます)

ビームサーベル最大出力で衛星軌道上の兵器を攻撃とか、派手ですよね。
軌道エレベーターの落下物を、総火力で撃ち落とすとか。

ホーマーさんや、アレハンドロさんのようなわかりやすい悪役がいるのも特徴的。
つか、あの、量子エネルギー(笑)で、いろいろどうにかしてくれるのって便利だったんだな、今思えば。

最期にそれぞれのガンダムマイスターの見せ場を作るための配されたキャラクターとかね、いろいろ計算を感じますね。まあ、オーガンダムのデザインは若干やりすぎな感じもしましたけど。

ガンダムXのラストに出てくる月にあるDOOMって、実は古谷徹さんをキャスティングしたかったというのを何かで読んだんですが、一応00がその解答をいうか、リベンジだったりしたんですかね。
あ、違った、古谷さんじゃなくて蒼月さん? だっけ?(こういう茶番は嫌いではないですけど)

男性キャラ、私は、ビリーさんとか、パトリック・コーラサワーさんとか好きだなー。

abemaTVで同じくやっているゼロからはじまる魔法の書の、ホルデムさんもけっこう好き。
原作者さんが、ホルデムさん主人公で一冊書けるとツイートされてましたが、読みたいです。すごく。

2017秋アニメまとめ(一部夏も)

アイドルマスター SideM
→可も無く不可も無くって感じでした。我ながら意外だったのが、BSプレミアムでやっていたアニメロサマーライブで『顔がかっこいい、というかメガネ』な、人がいて、思わず名前を確認したって事でしょうかね。声優さんを声でなく顔でいいと思うとは……。

・あめこん!!
堀川りょうさんが最終話に出ていてちょっとうわぁ、という気分に。

いぬやしき
→娘さんが死にかけるところとか泣きました。そしてラストも……。

Infini-T Force
→すべては劇場版の宣伝だったのか……。何か、敵側が、ヒーローを引き立たせる為の存在という感じでまとまりが無かったのが残念。

お見合い相手は教え子、強気な、問題児。
→お兄さん善人すぎないか、というか、兄弟仲いいなー。兄弟でヒロインをとりあってもっとドロドロするかと思いきやそんな事はありませんでした。(それはそれで昭和的な展開なのか……)
お見合い当日にお見合い相手とベッドインしちゃうヒロインだったら、お兄さんとどうにかなってもおかしくないんじゃないかと思ったりも。(ひでぇ)

銀魂「ポロリ篇」
→深夜じゃないとできない話満載でした……。EDのヒロインズがすごくかわいくて、毎回じっくり見てました。

クジラの子らは砂上に歌う
→絵も話もすごく丁寧だし、美しいのに、どことなく既視感があるのは何なんですかね……。

Code:Realize ~創世の姫君~
→ルパンとちゃんとくっつくと思わなかったのでちょっとビックリ。(乙女ゲーアニメ化の場合は大団円エンド的というか、特定の誰かとくっつかないような気がしていたので)

戦刻ナイトブラッド
→作画がなー。装飾過多なキャラクターデザインは、絵のクオリティが下がると、残念度が増すので……。

TSUKIPRO THE ANIMATION
→つ、続くんだ! スマホゲーのCMがわりと好きです。

Dies irae
→誰が死んで誰が生きてるのかちゃんとわかってません……。

ドリフェス!R
→戸谷公人さんが、戸谷公次さんの息子さんだと知らなかった自分に一番驚きました。ディエーンド。あ、でも正式に発表したのは2016年だったのか。

鬼灯の冷徹(第弐期)
→つづくんだ。EDよかったです。

宝石の国
gyaoで何回も見ちゃいました。やー、おもしろかった!
 セリフ回しのテンポもよかったし、単純に絵もキレイで。フォスちゃんがあそこまでビジュアル的にも変わるとは……。

将国のアルタイル
 →女性キャラが……と、思っていたら、ツークール目で個性豊かな女性キャラがいっぱい出てきました。
  おもしろいんですけど、いまいちハマれないのは何故なんだろう……、でも、二期あったら多分また見ると思います。

妖怪アパートの幽雅な日常
 →最後まで謎の上から目線を感じ続けました。なんだろう。別に鼻につくような演出では無かったと思うんですどね。原作小説だとまた印象違ったりするのかな……。

Fate/Apocrypha
 →Fateは物語を考える人によってこんなに清々しいエンディングになったりするのだな、と、コンテンツの懐の広さというか、多様性に驚きました。配置されているキャラクターはけっこう定型フォーマットにのっとっているような気もするんですけど。

ガンダムビルドファイターズ
→放送時間が変わったりして、一部見逃していたりしますが、おもしろかったです。プラモデルの販促アニメとして、一番正しいガンダムのありようだったりしないか? と、思ったり。モブにガンダムキャラがいるのよかったです。


以下はまだ続きますが……。
魔法使いの嫁
→こちらもけっこう既視感のあるお話なんですが、不思議と見てしまう。この違いは何なのかな。見せ方?

おそ松さん(第2期)
→けっこう一期をなぞるような話が続いてませんか? いまいち張っちゃけ足りてないというか、既に守りに入ってる感があるのですが。

3月のライオン 第2シリーズ
→安定の。コミックス全部持ってるんですが、何故か見てしまう。零君は癒やし。

以上です。

2018年冬アニメ

案の定と言いますか、やっぱりといいますか、アイドリッシュセブンは1月1日に一話二話一挙放送なんてのをすでにやっちゃったんですね。
ありがたいことにBS11でのオンエアもあるようなので、そちらを今日録画しようかと思います。

って事でチェックしました〜。

・サンリオ男子
1月6日(土)22:00~(TOKYO MX)
→イケメンいっぱいなので。

アイドリッシュセブン
1月7日(日)22:30~(TOKYO MX)
→今期アイドル枠

学園ベビーシッターズ
1月7日(日)23:00~(TOKYO MX)
→今期少女漫画枠

・続 刀剣乱舞-花丸-
1月7日(日)24:00~(TOKYO MX)
→一期に引き続き

・25歳の女子高生
1月7日(日)25:00~(TOKYO MX)
→TL5分アニメ枠継続か……。

銀魂 銀ノ魂篇
1月7日(日)25:35~(テレビ東京)
ぽろりからの振り幅でかすぎませんか。

弱虫ペダル GLORY LINE
1月8日(月)26:05~(テレビ東京)
→続き。

オーバーロードII
1月9日(火)24:30~(TOKYO MX)
→続き2。

・ダメプリ ANIME CARAVAN
1月10日(水)22:30~(TOKYO MX)
→今期乙女ゲーム

ヴァイオレット・エヴァーガーデン
1月10日(水)24:00~(TOKYO MX)
京都アニメーションなので

・覇穹 封神演義
1月12日(金)22:00~(TOKYO MX)
→まあチェックしておこうかなと。

・ダーリン・イン・ザ・フランキス
1月13日(土)23:30~(TOKYO MX)
→今期ロボットアニメ枠

Fate/EXTRA Last Encore
1月27日(土)24:00~(TOKYO MX)
Fateシリーズは常に何かしらやってる感じになってますね。

Spiritpact-黄泉の契り-
2月24日(土)21:00~(TOKYO MX)
→イケメンがでるので(ひどい)

完全に沈黙したかに思われたMacBookの電源が入る

2017年、グラフィックチップの不具合があったらしいと聞き、起動しなくなってしまったMacBook
あれこれやったものの、結局、起動せず、巨大文鎮と化していたMacBookの電源を試しに入れてみたら、

起動したよ!

何これ!
年明けマジック?
(っても起動したのは31日の夕方なのですがッ)

しかし、びみょーに、動作不安定な感じもあり、重要作業はできんなと思っていたり。(iTunesが起動しないとかね)

一応Chromeが動くところまではきましたが、どうなるかなー。
でもやっぱ音いいし、画像もクリアだし。

しきりにHigh Sierraのインストールを薦めてきますが、無視!

です。

修理に出そうかなーと思っていた矢先だったんですけどね。
これでジーニアスバーに持って行ったら起動してたパターンだったのか……。

ともかくめでたい。

そしてあけおめ声優完走しちゃったよ。
もうこのまま初日の出まで起きてようかな……。

ああ、2017年が終わってしまう……。

秋アニメの感想などまとめるつもりがこんな時間に……。

とりあえず、宝石の国がすげーよかった。
録画して削除というスタンスでやってたんですが、GYAOの一挙放送で何回か見ました。

個人的にお気に入りのお話は、『第四話 魂・肉・骨』です。
アドミラビリス族のウェントリコススさんがすげー好きで。

声の緩急の付け方といいますか、
「ヘイ!マイダイヤモンド!」
とか、
「……結婚してくださいっ!」
とか、もう、リズムというか、すっと耳に入ってくる感じがよかったです。

こんな感じで2018年も萌えていきたいんですが、まだ冬アニメのチェックしてないっす。
なんか、いきなり録画しそこないそうですが、あけおめ!声優大集合でも見ながらのんびりチェックしたいと思いまっす。

鶴ひろみさんの訃報に衝撃

ただもうビックリです。
まだお若いじゃないか……!
と、思いつつ、wikipediaを見た所、還暦まであと数年、というお歳でいらしたんですね。

ペリーヌ物語、すごく好きでした。
聖闘士星矢テティス、Ωではパラスも演じていらっしゃっていたし。

ドキンちゃん、ブルマ、GS美神、と、数え上げればきりがないほどに、心に残るキャラクター達を演じていた鶴ひろみさん、本当に残念です。

ご冥福をお祈りいたします。