読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A6notes

雑記帳に書くように、気軽に書いています。

流ノ介は教育実習生なんだ……。

シンケンジャー

ことはを心配する千明がお兄さんのようです。

どっちが心配なんだ?

ことは?

ナナシに対しても無反応な生徒達に不審を抱き、学校へ潜入調査をすることはと流ノ介のお話ー。

外道衆が人間に化けている事を疑い動く流ノ介ですが、次々と意識を失った様子の教師達を見て、見立てと異なる事に気づきます。

ことははお友達ができた様子。

ただ一人、様子の変わらないことはの友達を疑う流ノ介。

心配して様子を見に来た丈瑠達。

ひっそり潜り込むつもりで高校生のふりをする千明と源太。

源太、それ、昭和の学生……。

そして、ついにことはの友達も……。

友達を守りきれず、己を悔いることは。

しかし、いままでなかったはずの腕の糸に気づきます。

操の糸を見つけ、ダイゴヨウと共に外道衆をつきとめる事ができました。

操る人々を盾にする卑劣な外道衆を前に戦いあぐねるシンケンジャー達。

ことはの機転により、人垣を越える為の穴を作り、見事!

アヤカシを倒します。

ナイスコンビです、イエローとブルー。

ダイゴヨウと一緒に合体!

そしてまたしても余ってる殿。

短い間でしたが、別れを惜しむことはに、一人浮いている流ノ介……でオチがついてしまうのでした……。

次回、なんかスーパーシンケンレッド、陣羽織に色がついているような……?