読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A6notes

雑記帳に書くように、気軽に書いています。

ちょっと前にWOWOWでやっていた里見八犬伝を見ました

1983年ですから、22年前ですか。うわお。

当たり前ですが、キャストが皆さんお若いです。
以前地上波で見た時は気にならなかったんですが、
床が完全にスタジオのそれで、(いくらなんでもあそこまでフラットではあるまい)
今見るとセットが微妙にコントっぽいですね……。
いや、おもしろいんですよ?

すごくテンポがよくて、
細かい事は気にするな!
って感じなのがかえってよいかも。

京本政樹さんの「浜路」は、「あまじ」に聞こえてしょうがないとか。
毛野と妖之介さんがいいわー、とか。
(原作だと毛野って半陰陽だったのかな? 図書館で借りて読んだだけなんで、けっこううろ覚えですが)

今だったら、親兵衛は御霊様の像が壊れたところで、一緒に滅んじゃったりして、静姫と悲恋になったりするのかしらとか妄想したり。
(玉が現れたところで人間になれていたのかな〜、どうなのかな〜)

俺にかまわず先に行け、展開はアツいですねえ。
大好き。

里見八犬伝  ブルーレイ [Blu-ray]

里見八犬伝 ブルーレイ [Blu-ray]