読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A6notes

雑記帳に書くように、気軽に書いています。

百姓貴族で銀の匙を釣る

読書

私の妹は牛飼いです。

百姓貴族を読ませたら絶対はまると思っていたので、貸したところすぱっとはまりました。

ハガレンにもはまってくれて、コミックス全巻(途中までは弟が買ってた)、先日再編集された方の大判も買ってるようです。

っしゃあ!

狙い通り!

当然銀の匙も買ってました。

銀の匙は妹の本棚にあるのを引っ張り出して読みました。

おもしろいなあ。

この、経済動物をどうするかのあたりの下地があるからこそ、「キメラが泣く夜」に繋がると思うと、あの話はあらゆる意味で物語りのテーマ的なものととても密接に関係してたんだなあとか勝手に思います。

現代劇の中でこのあたりがどうなっていくのか楽しみであります。

じゃじゃ馬グルーミンアップとはまた別の意味で。