読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A6notes

雑記帳に書くように、気軽に書いています。

影武者

サムライでは無く、モヂカラの強い者を影武者に。

お父さんからシンケンレッドを継いだと思われる丈瑠。

そして、墓碑銘の無い墓。

お父さんの代からの影武者なのかもしれませんね。

先代当主は松風雅也さんでした。(メガブルー)

今日はリアルタイムにじっくり見てから、二回目を見つつブログ書いてます。

外道衆に狙われた志葉家、断絶の危機にさらされたその時に、影武者がたてられた。

そういえば、先代もイエローとピンクは女性なんですね。

次代へ志葉家を繋ぐ為の影武者、本来は殿が十八代当主をまっとうする予定だったところへ、薫姫の登場。

しかし、薫姫曰く、サムライとして陰に隠れるのは卑怯と、封印の文字を習得し、ドウコクを倒す為に立ったという事。

姫は姫で、サムライとしての筋目を通そうとしているのがいいですね。

けれど家臣達は突然の姫君登場に戸惑いを隠せません。

元から家臣では無い源ちゃんは、関係無さそうです。

丹波さんがすごく失礼な事言ってますが……。

でもインロウマルを仕上げたのは源ちゃんだし、寿司屋だからとあなどられう筋合いはないのではー。

そこへ殿が。

預けなくていい命を預けさせた事を詫びるのです。

膝をつき、頭を垂れる殿。

あああああああああああああああ。

千明なんて泣き崩れちゃってますよ。

そして、姫の御出陣と相成りますが、薫姫、微妙に舌足らずです……。

でも殺陣はけっこうよいんだよな。

スーツアクターさんは誰なのでしょう。

女子レッド……。

もう、ブルーもグリーンも女子にしちゃえばいいのにー。

薫姫は、もしかして皆の戦いをどこかで見ていたのかもね。

色々知ってるし。

実は仲間に入りたかっただけ……とかじゃないよなあ。

十四歳だし。

そしたらかわいいのに。

志葉家を出て行った丈瑠をなぐさめる源太。

「殿様じゃない俺を初めて見た。……びっくりするほど何もないな」

殿である事を強いられたわけでも無く、今まできた丈瑠のモチベーションの源ってなんだったんでしょう。

やはり父の教えなのでしょうか。

シンケンレッドとして、世界を守る事。

なんか丈瑠を心配する源太がいい感じ。

源太だけは、家臣では無くて、幼なじみ、丈瑠本人を助けたくてシンケンジャーになったから。

姫と戦いつつも、殿の不在に葛藤するシンケンジャー達。

父の墓へ来た丈瑠の元へ十臓が現れます。

「シンケンレッド、いや、違うらしいな。 そんな事はどうでもいい、俺と戦え、お前はそれだけで充分だ」

丈瑠が何であれ、戦うに足ると認めている十臓。

すべてを失った丈瑠には、もはやそれしか残っていないのか。

次回、十臓VS丈瑠です。