読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A6notes

雑記帳に書くように、気軽に書いています。

彦馬さんの休日

シンケンジャー

事務仕事にいそしむ爺。

勘定方の会議って、黒子さんって色々な役割があるのだなあ。

爺の休日を控えて皆に何か相談があるような殿。

しかしなかなか言い出せません。

爺の休日は墓参りだそうで、実は彦馬さんには亡くなった奥さんがいて、実は娘も孫もいるそう。ただ、殿を育てることもあり、また、争いに家族を巻き込まない為に、墓参りの時にしか会わないようにしているとか……。

そうだったのかー。

彦馬さんには家族がいたのですねー。

爺の休日を守るため、1日連絡をしないようにと画策するシンケンジャー一同。

なんか源太と流ノ介がすごく仲良しなんですけど……。

ボケとつっっこみのタイミングとか素人じゃないって感じです。

爺を送り出し、アヤカシに立ち向かうシンケンジャー

アヤカシは鉄砲隊を組織してシンケンジャーに立ち向かいます。

新しい戦術に作戦の立て直しを図らねばと、殿。

戻ると、彦馬さんがまだ居るし!

爺を送り出し、語る殿。

な!なんかデレてますよ殿が!

実は殿は彦馬さんを帰したくなかったんだね!子供の頃とかはね!

でも、今は仲間がいるから寂しくないんだね!

などと妄想してしまいました。

殿にとって爺は家族なんだね!

みたいな。

さて、彦馬さんの留守ですので、お仕事も代わりにやらないといけません。

現れたアヤカシの記録や、勘定方への報告、献立の手配とか、色々やることあったんですね……。

さて、再び現れるアヤカシ。

黒子さん達もいまいち動きがよろしくないです。

爺の差配が良かったからなのかー。

さて、殿の指示は、「狙いをつけられる前に動け」との事。

き……きっついですね……。

ついには源太が撃たれてしまいます。

周囲を鉄砲隊に囲まれて大ピンチ!

そこへ、黒子さん達が手榴弾を持って登場。

さらにバイクに乗った爺まで!

結局お墓参りには行かなかったのかな……。

牛折神の新しい武器、猛牛バズーカだそうです。

ヒロ君、すごい!

ていうか全部ばれてました、殿。

つか、別の日に休むんじゃだめなのかーーーー、彦馬さーーーん。

さて、戦い終わって、今度は殿から爺へサプライズ

娘さん一家が孫を連れてやってきていました。

けれど、戦いが終わるまでと、彦馬さんは背を向けて行ってしまうのでした……。

彦馬さんは志波家に仕える方ですが、その跡は誰が引き継ぐんでしょう?

巻き込まないようにしているという事は娘さんや、お孫さんではないんですかね?

もしかして、娘婿が?

さて、次回は何か二人ずつで動いてますね。

流さんとことは、

源ちゃんと千明、

そして茉子姐さんと殿のようです。

太夫に十臓も登場。

これは盛り上がりそうだ。