読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A6notes

雑記帳に書くように、気軽に書いています。

家出提灯

シンケンジャー

オープニング、源太の握り方に難癖をつけるダイゴヨウ。

売り言葉に買い言葉で、「出て行け!」という源太に、ダイゴヨウ、本当に出て行きます。

太夫のいない六問船が大変むさ苦しいと思います。

また、今日のアヤカシが微妙にうざいんだよな……。

夜しか役に立たないと源太に言われて、昼間も役立つところを見せてやるとはりきるダイゴヨウ。

なんで履歴書で落ちないんだ……。

落ち込むダイゴヨウの前に茉子ねーさんあらわる。

本当、落ち込んだり元気ない人(提灯だが)に優しいなあ。

さて、現れるアヤカシ。

分身に翻弄されるシンケンジャー達。

切っても切っても本物にあたりません。

水切れで一時退却したアヤカシ、傷ついたシンケンジャー達ですが、

本体のわからないアヤカシに

「一人十体切れば……」

という殿。

おおざっぱすぎないか?

ダイゴヨウを気に掛ける茉子と、

あくまでもあやまらないと意地をはる源太。

まつたけのお吸い物の炊き込みご飯が美味しそう……。(←永谷園のCMが入ったんです、途中で)

結局焼き鳥屋に落ち着いたダイゴヨウの元へ現れる茉子。

源太に「焼き鳥を買ってきてくれ」と電話する殿の前に源太が現れます。

なんとなく和解する二人。(人と提灯ですけど)

なんだかなー。

で、外道衆登場。

一方シンケンジャーは夜、後背をライトで照らして登場ー。

ダイゴヨウの光で分身を消し、本物が判明。

BGMを背負ってシンケンゴールド大活躍。

茉子ねーさんもスーパーシンケンピンクで大活躍。

二の目はダイゴヨウの独壇場って感じですね……。

さて、次回は学校が舞台。

めずらしく青黄で活躍の様子。

ちょっとずれてるコンビですね……。

次回もスーパーシンケンブルーっぽいですけど、順番的にはスーパーイエローなんじゃないの?