読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A6notes

雑記帳に書くように、気軽に書いています。

フォレストページ ブック機能

ネット関連ネタ

一番便利なのは、これ、このブック機能ではないでしょうか。

1)ブックの作成(最大で5個まで)

2)新しいタイトルの作成(30個まで可能)

3)新規書き込みという形でページを増やしていく

■ブック(5個まで)

 ├タイトル(30個まで)(1、2、3……)

みたいな感じですか。

ブックって言葉が二回出てくるので、ここではブック下層のブックをタイトルと名づけてますが、フォレスト内にタイトルという概念はないです。

だから慣れないとよくわからん。(私の頭が悪いだけかもだけどー;)

長編5本で、1本30章まで、と考えればいいのか、ブックを1ジャンルと考えて、下層にジャンルごとのSS、という使い方もた多分可能です。

ただ1ブックのデザインは以下全部適用されますんで、内容ごとにデザインを変えたりする事はできません。

感覚的にページを増やしていけるので、だらだら書いていくのにはいいかもしれません。特に携帯からだと。

携帯で文章を書くと、ちょっと書いてもすっごく書いた錯覚に陥りますが、実際見てみると、そんなに書いていなかったり……。

私自身が携帯での文章作成に慣れてないんで、空白1文字空けとか、改行ができなくて難儀しとります。

正直デザインに凝ろうと思ったら携帯からではかなり難しいんで、デザインはPCで作成。

文章の更新は携帯から。

という形がラクですなかな。

ブック機能はドリーム機能もあるらしく(使ったことないけど)、ドリーム小説が簡単にできる。

というのもウリのひとつか。

あとは、そのまま本として自費出版できるみたいです。

価格は調べてないんでわかりません。